スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

季節感のある着物のコーディネート

きものの着付けには、洋服とは比べ物にならないほどのしきたりがあります。

社会の多くのしきたりが薄れていく昨今、きものしきたりの難しさを嘆き、だからきものから遠ざかってしまうのではなく、逆に、日本の伝統ある文化と四季折々の味わい、ムードを表現する手段として、きもののしきたりに沿ったなかでも美しさを見直してみられてはいかがでしょう。

きものの装いには、季節ごとの細かなしきたりがあります。
いわゆる「衣替え」の伝統にあった装いをすることが大切です。

続きを読む >>

浴衣の着付けポイント

 夏になると、浴衣を着た人たちが町を歩く姿は、見ているだけでも涼感を誘いますね。
また、浴衣というと、下駄が思い浮かびます。
カラコロという下駄の音は、親しみと、どこか懐かしさを感じさせます。
浴衣を装うときには、足もとの下駄の美しさも楽しみたいものです。

浴衣を着付けるときには、素肌にさらりと、涼しげに装うようにすることがポイントです。
全体をゆったりと、ゆとりのあるくつろぎをかもし出すような着付けをします。

続きを読む >>

子供の入学式・卒業式での母親の着物

 お子様の入学式や卒業式に出席なさるお母様は、どのような装いをしたらいいのでしょう。

小学校に上がられるお子様の入学式の場合は、お子さま自体の準備を整えるので精一杯で、ご自身のきものの着付けまではとても手が回らず、洋装にしようという方もいらっしゃるでしょう。
また、下のお子様がまだ小さくていらっしゃる場合には、なおさら大変です。

しかし、入学式や卒業式は、お子様の晴れの日であるとともに、それまでお子様を見守ってこられたご両親にとっても晴れがましい大切な日です。
お母様も、是非、お着物で装われてはいかがでしょう。

続きを読む >>

お葬式時の服装・着物の着付け

 冠婚葬祭は、きものの着付け方のなかでも特にしきたりに配慮することが大切となり、きものを着慣れない方にとって頭が痛いものです。

結婚式においては、あくまで花嫁が主役ですから、花嫁そっちのけの派手ないでたちで式に参列することは控えたいものです。
また、お葬式においては、亡くなった方やそのご遺族の悲しみを配慮し装いをすることが大切です。

特にお葬式の装いは、肉親の方がお亡くなりになった場合と、親戚の方のご不幸、あるいは友人、お知り合い、ご近所の方のご葬儀など、いろいろな場合があります。
亡くなった方との関係によって、その装い方も違ってきます。

続きを読む >>
▲top