スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

着物と帯(丸帯・名古屋帯・袋帯)

 きものの美しさの重要なポイントであり、特にうしろ姿の個性を出すものとして重要な働きをするのが、帯です。
帯の着付け方しだいで、粋に装うことも、シックに上品な着こなしにすることもできます。

結び方もさることならが、帯そのものにもたくさんの種類があります。
きものの格に合わせて、帯の格も選ぶことが大切です。

花嫁のお振袖や留めそでなど、礼装に用いられる「丸帯」、ご婦人の正装用の「袋帯」、そのほか外出用に広く用いられる「名古屋帯」など、さまざまです。

続きを読む >>

着物の帯の種類と結び方

 きものを着付ける際には、TPOに合ったきものの格(礼装着、略礼装、外出着、街着・普段着・・・)を選ぶことが大切です。
そしてそのきものに合わせて、帯を選ぶことが大切になります。

帯には、正装用として花嫁がつける「丸帯」や、ご婦人が広くお召しになる「袋帯」、そのほか外出用に気軽にお召しになれる「名古屋帯」、およびその一種でもある「袋名古屋帯」など、さまざまな種類があります。

続きを読む >>

着物や帯の個性的な着付け

 きものの着付けには、若いお嬢様らしい初々しい着付けの仕方や、同じ若い女性でもミセスらしい落ち着きをプラスした着付け、さらにはある程度年齢を増した奥様のしっとりと含みのある、たおやかな着付けや、お歳を召した方のきものを着慣れた、貫禄のある女性の美しさを生かした着付けなど、着付け方によって、きものをお召しになる方それぞれの美しさを引き立てることができます。

年齢とは別に、きものは着る方の個性やお好みを反映した着付けをすることもできます。

たとえば、衣紋(えもん)をかなり大胆に抜くと、粋な着こなしができます。

続きを読む >>
▲top