スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

ダイエットの停滞期を乗り切る:犬のブリーダー

 2週間から1カ月を我慢すれば停滞期は終わりますので、わかっていれば十分ダイエットを続けることができます。
人によって違いますが、停滞期の長さは男性よりも女性の方が長くかかってしまうとされています。

毎日正しくダイエットを続けているのであれば、停滞期に入っても全く動揺する必要はありません。

ダイエット中の停滞期は、マイペースでやり過ごすようにすることは大事です。
停滞期をくぐりぬけるためには、ダイエットを継続することが大事です。

停滞期に入っても体重を減らし続けようと、運動量やカロリー制限量を増やすとそのせいでストレスが貯まり、ダイエットがうまくいかないきっかけになります。

一見すると停滞期のように見える期間でも、数ヶ月もその状態が続いているのであれば、適切なダイエットではなかった可能性があります。
 食事の量が少なすぎていたり、栄養のバランスが偏っていると、体が栄養失調状態となり体重はそれ以上減ることはありません。

カロリーコントロールだけでダイエットをしていても効果は今ひとつですので、適切な運動を行うようにしてください。
体の中に蓄積されていた脂肪は、停滞期が終わって体が通常モードに戻った時からエネルギーとして使われ出します。

体は一時的に停滞期になることで飢餓状態を乗り越えようとしますが、一定期間以上は続きません。

停滞期後の体は、今までと同じ基礎代謝に戻って体脂肪を消費していくため、ダイエットは問題なく続けられます。

犬のブリーダー:埼玉・千葉・神奈川
犬のブリーダー・柴犬・トイプードル

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
▲top